米アップル、2期連続の減収 iPhoneの販売振るわず

アップルは2期連続の減収に

アップルは2期連続の減収に

ニューヨーク(CNNMoney) 米アップルが26日に発表した4~6月期の決算は、主力のスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の販売が落ち込んだ影響で売上高が前年同期から約15%減少し、2四半期連続の減収となった。

4~6月期の売上高は424億ドル(約4兆4000億円)と、前年同期の496億ドルを大きく下回った。純利益も25%以上減少した。

iPhoneの販売台数は前年同期の4800万台から4040万台に落ち込んだ。

ただし売上高の減少幅は市場の予想をやや下回ったため、アップルの株価は時間外取引で7%ほど上昇した。アップルは「売り上げが思ったほど悪くなかった」ことがプラス材料となる時代に入ったとの指摘もある。

iPhoneユーザーの買い替えサイクルが長くなっていること、世界のスマートフォン市場が飽和状態に達していることに加え、アップルが次の大市場と位置付ける中国での売り上げが3分の2に縮小したことが響いたとみられる。

しかしティム・クック最高経営責任者(CEO)は、「中国の長期的な可能性については引き続き楽観視している」と述べ、すでに中国の41カ所に直営店を開設したと強調した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]