プログラマーは女性の方が優秀?、性別が評価妨げ 米調査

ニューヨーク(CNNMoney) 女性プログラマーは仕事で正当な評価を受けることが難しく、仕事はできても女性であるために男性より冷遇されやすい――。ソフトウェア開発での性別に根差す偏見について調べていた米大学の研究チームがこのほど、そんな結果をまとめた。

米国のソフトウェア開発者に占める女性の割合は現時点で20%どまり。IT各社は女性の採用に力を入れると表明している。

ノースカロライナ州立大とカリフォルニア・ポリテクニック州立大学の研究チームは、1200万人のプログラマーが利用するオープンソースソフトウェア開発プロジェクトの共有サービス「GitHub(ギットハブ)」に提出されたコード300万件について、プログラマーが自分のコードへの評価を求める「プルリクエスト」に対する反応を調べた。

その結果、女性によるプルリクエストの方が、男性のプルリクエストよりも高い確率で「承認」されていることが判明。女性のコードが承認される率は78.6%だったのに対し、男性は74.6%だった。女性プログラマーのコードが承認される確率は、主要プログラミング言語すべてで男性を上回ったという。

ただしこの数字は、ユーザーのプロフィルからは性別が分からない場合に限られる。プログラマーが女性だと分かると承認される確率は大幅に低下するという。

「オープンソース開発者の間では、この業界は実力主義だという確信がある。しかし今回の調査でその確信に疑問符が付いた」とノースカロライナ州立大学のエマーソン・マーフィーヒル准教授は解説している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]