配達ドローンがどこへでも 米アマゾンが特許出願

小型無人機で空中配送 米アマゾン

ワシントン(CNN) 米ネット通販大手の米アマゾン・ドット・コムが、無人機(ドローン)を使った配達に関する特許を米特許商標庁に出願していることが13日までに分かった。同庁のウェブサイトで特許の内容が公開された。

アマゾンの出願書面によると、ドローンを使った配達では商品を注文したユーザーが自分のいる場所に荷物を届けてもらうことができる。ドローンはユーザーの携帯電話のGPS(全地球測位システム)機能を使って位置情報を取得し、その場所に商品を配達する。受け取る側が注文した時と同じ場所でドローンを待つ必要はない。

例えばユーザーが自宅で注文を済ませ、自分の所在場所に届けるよう指定して外出すると、30分以内に外出先に荷物が届く仕組み。配達先は建物に限らず、船上に届けてもらうことも可能だという。

出願書面ではドローンの安全対策についても説明している。目的地までのルートは、飛行中のドローン同士で天候や着陸場所の状況、交通状況などの情報を交換し合い、この情報をもとに決定する。

途中で交通量の多い道路などを横切らなければならない場合にルートを変更したり、人や動物を避けて飛んだりすることも可能。目的地に到着すると、安全に着陸できる場所を見極めて荷物を降ろす。

アマゾンのドローン配達については、米連邦航空局(FAA)が3月に条件付きで飛行実験を承認している。実験は指定場所で進められているが、実用化が認められるまでにはまだ時間がかかりそうだ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]