偽アップルウオッチ、中国ですでに登場

アップルが発表した新製品「アップルウオッチ」=同社提供

アップルが発表した新製品「アップルウオッチ」=同社提供

(CNNMoney) 米アップルが9日のイベントで発表した腕時計型のウエアラブル端末「アップルウオッチ」。発売は4月24日と1カ月半も先の話だが、中国ではすでによく似たコピー商品が売り出されている。

深センの電子街「華強北」やオンラインショップに並ぶアップルウオッチの模倣品は、側面のつまみ「デジタルクラウン」まで本物をまねたデザインだ。「アイウオッチ」「Dウオッチ」などと名付けられ、250~500人民元(約4900~9700円)で売られている。

アップルウオッチの価格は最も安いモデルでも4万2800円だ。

基本ソフト(OS)は大半が米グーグルの「アンドロイド」だが、ホーム画面に表示するアイコンなど、外見や操作をアップル製品に似せてある。

本物が発売さえされないうちにコピー商品を開発、発売するスピードには、専門家も驚きを隠せない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]