絵文字の肌の色が多様化、黒人や白人も

絵文字の肌の色が6色に=Unicodeから

絵文字の肌の色が6色に=Unicodeから

ニューヨーク(CNNMoney) 絵文字などコンピュータで使われる文字コード規格「ユニコード」を開発している団体が、来年登場する次期バージョンでは多様な肌の色の絵文字を選べるようになると発表した。

ユニコードの絵文字の肌の色は現在黄色のみ。しかし2015年6月に登場予定の「ユニコード8.0」では、白から茶色、黒まで新たに5種類の肌の色が加わる。

同団体は「世界中の人たちが、特に肌の色に関して人の多様性を反映した絵文字を望んでいる」と指摘していた。

絵文字は日本で1999年に携帯電話用に開発され、元々は人種に対して中立的な灰色に近い色だった。その後日本の携帯大手各社がより明るい色を採用するようになり、多くの企業がそれにならった。

ユニコード8.0で登場する6種類の肌の色は、皮膚科学分野の標準とされる「フィッツパトリック分類」に基づいている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]