故人のアカウント、相続人がアクセス可能に 米デラウェア州

ニューヨーク(CNNMoney) 米デラウェア州で、故人が利用していたインターネット上のアカウントやストレージなど広範なデジタル資産に相続人がアクセスできると定めた州法が成立した。米国の州でこうした法律が制定されるのは初めて。

同法は先週から施行された。州下院民主党によると、「電子メール、クラウドストレージ、ソーシャルメディアのアカウント、診療記録、コンテンツのライセンス、データベースといったデジタル資産」に遺言執行者がアクセスすることを認めている。

米国ではコネティカット、ロードアイランドの両州も、遺言執行者による故人の電子メールアカウントへのアクセスを認めるなど、複数の州がこうした方向に進んでいる。

民間企業でも、例えば米グーグルの電子メールサービス「Gメール」ではユーザーが受益者を指定しておくと、一定期間そのアカウントが使われなかった場合、グーグルからユーザーに連絡を取り、返事がなければ受益者がログインできる状態になる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]