ソニーのネットゲーム、ハッカー攻撃でダウン

ソニーのプレイステーション・ネットワークなどがハッカー攻撃の標的に

ソニーのプレイステーション・ネットワークなどがハッカー攻撃の標的に

ニューヨーク(CNNMoney) ソニー傘下のプレイステーション・ネットワークなどのオンラインゲームサービスが25日までにハッカー集団に攻撃され、相次いでダウンした。同ハッカー集団はまた、ソニー子会社の幹部が搭乗するアメリカン航空の旅客機に爆発物があるとの情報を短文投稿サイト「ツイッター」に投稿し、同機が行き先を変更して緊急着陸する事態となった。

オンラインゲームでは、ソニーのほかにも人気ゲーム「ワールド・オブ・ウォークラフト」を展開するブリザード・エンターテインメントやCCPゲームズ、ライオットゲームズなどのサービスが相次いでダウンし、対応に追われている。

一連の攻撃について、「リザード・スクワッド」を名乗るハッカー集団が短文投稿サイトのツイッターに犯行声明を掲載した。

被害に遭った企業は、何者かが不正なトラフィックを大量に送り付ける手口でネットワークを洪水状態に陥れてダウンさせたと話している。米連邦捜査局(FBI)も捜査に乗り出したことを明らかにした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]