「私の仕事はスパイだった」 スノーデン氏が主張

2014.05.28 Wed posted at 18:44 JST

[PR]

(CNN) 米政府の情報収集活動を暴露し、現在ロシアに滞在中のエドワード・スノーデン元中央情報局(CIA)職員が、モスクワ市内で米NBCテレビとのインタビューに応じた。元職員はこの中で、自分は専門的な訓練を受けたスパイだったと主張した。

スノーデン元職員と米放送局とのインタビューはこれが初めて。その内容の一部が27日夜に公開された。

元職員は自身の経歴について、「伝統的な意味でのスパイとして訓練を受けた。外国に潜伏して別の仕事をしているように見せかけ、偽名まで与えられていた」と主張。「米政府は下っ端のアナリストなどと表現するかもしれないが、それは私の全体的な経歴から注意をそらすため、一部分だけを取り上げているからだ」と話している。

さらに、中央情報局(CIA)や国家安全保障局(NSA)の覆面工作員として外国で活動したことや、国防情報局(DIA)で情報要員訓練機関の教官として、外国の危険地域で米国の情報や人命を守るための方策を考案したこともあると述べた。

そのうえで、「米政府は私がただのシステム管理者で、自分の言っていることを理解していないと主張するが、それは誤解を招く恐れがある」と強調した。

NSAの報道官は、27日の時点でこの発言に対するコメントを拒否している。

1時間にわたるインタビューの全体は、米東部時間28日夜に放送される予定だ。

メールマガジン

[PR]