父の和解金800万円、娘のフェイスブック投稿でふいに 米

娘のフェイスブックへの投稿で8万ドルの和解金がふいに

娘のフェイスブックへの投稿で8万ドルの和解金がふいに

(CNN) 米フロリダ州マイアミの進学校の校長だった男性が、学校を相手取った年齢差別訴訟で和解金8万ドル(約810万円)を勝ち取っておきながら、娘が交流サイトのフェイスブックでそれを吹聴したために、和解金をふいにした。

ガリバー・プレパラトリー・スクールの校長だったパトリック・スネイ氏(69)は、2010~11年の雇用契約が更新されなかったのは年齢差別に当たるとして同校を提訴し、未払い分の給与1万ドルと和解金8万ドルを受け取る内容の和解が成立した。スネイ氏の弁護士費用6万ドルも学校側が負担することで合意した。

ところが和解成立から間もなく、スネイ氏の娘がフェイスブックに、「父と母がガリバーに勝訴。私のこの夏のヨーロッパ旅行はガリバーが払ってくれる」と書き込んだ。

フェイスブックでこの投稿を読んだ1200人の中には、同校の生徒や卒業生も多数いた。投稿は瞬く間に広がり、学校関係者の目に入った。

数日後、同校からスネイ氏の弁護士に、秘密保持契約違反があったため和解金8万ドルの支払いには応じられないという通知が届いた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]