米アップルの開発者サイトにハッカー攻撃か 先週から閉鎖

米アップルの開発者向けサイトにハッカー攻撃か

米アップルの開発者向けサイトにハッカー攻撃か

ニューヨーク(CNNMoney) 米アップルは22日、同社のOS(基本ソフト用)にアプリなどを開発する「登録ディベロッパ」向けの専用サイトが、ハッカー攻撃を受けたため閉鎖されていると明らかにした。

サイトには当初、メンテナンスのため閉鎖中と表示されていた。

同サイトによると、18日に何者かが侵入して登録者の個人情報を入手しようとした。機密性の高い個人情報は外部からアクセスできないよう暗号化されているが、一部登録者の名前や住所、メールアドレスが漏れた可能性は排除できないとしている。同社は問題解決のため、サーバーソフトの更新やデータベースの復旧を急いでいるという。

同サイトにはチャット機能や技術マニュアルなどが含まれている。アップルは最近、携帯端末向けの「iOS7」の開発者向けベータ版や、パソコン向けの「OSX10.9」を公開したばかり。サイトが長時間にわたって閉鎖されたことで、新たなOSにアプリやソフトを対応させる作業にも影響が出ているとみられる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]