ボルトが最有力候補、国際陸上競技連盟の年間最優秀選手

ロンドン五輪に出場したときのボルト選手

ロンドン五輪に出場したときのボルト選手

(CNN) 国際陸上競技連盟(IAAF)は8日までに、男子の年間最優秀選手に陸上短距離100メートル、200メートルで五輪史上初めて大会連続制覇を果たしたウサイン・ボルト選手(26、ジャマイカ)ら3人を候補者にしたと発表した。

最有力候補とみられるボルト選手は2008年の北京五輪、12年のロンドン五輪で両種目のほか、400メートルリレーでも優勝している。100メートル、200メートルの世界記録保持者ともなっている。

他の候補者2人は、ロンドン五輪の障害110メートルを制したアリエス・メリット選手(27、米国)と同五輪の800メートルで世界新を出して金メダルに輝いたデービッド・ルディシャ選手(23、ケニア)。メリット選手は五輪直後にあったベルギーでの競技大会の障害110メートルで世界新も樹立していた。

年間最優秀選手はIAAFがスペイン・バルセロナで今年11月24日に開く組織発足100周年の記念式典で発表される予定。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]