オバマ大統領が勝利宣言に添えた写真、ネットで大反響 「いいね」330万

オバマ大統領が投稿した写真=大統領のツイッターから

オバマ大統領が投稿した写真=大統領のツイッターから

(CNN) 6日の米大統領選でオバマ大統領再選の報道を受け、陣営がインターネットに投稿した1枚の写真が記録的な反響を呼んでいる。

写真は目を閉じて微笑んだ表情のオバマ大統領が、明るい曇り空の下、ワンピース姿のミシェル夫人と固く抱き合う姿を写した1枚。「あと4年」の1文を添えて、ソーシャルサイトのフェイスブックとツイッターに投稿された。

大統領はこれに先立ち、支持者に感謝を伝えるメッセージを投稿していたが、圧倒的な反響があったのは写真の方だった。写真は米国時間の7日朝までにツイッターで67万5000回以上引用され、ポップスターのジャスティン・ビーバーさんの記録を抜いて、ツイッター史上最高の人気ツイートとなった。

フェイスブックでは共有が40万回超、「いいね」が330万に達し、同サイト創業者のマーク・ザッカーバーグ氏が5月に掲載した結婚写真の記録を破った。

写真は8月15日にアイオワ州で開いた集会で撮影された。撮影者は公表されていない。フェイスブックに寄せられた16万あまりのコメントの中には、再選を祝う声やロムニー氏支持者からの怒りの声に混じって、写真を絶賛する声もあった。

今回の大統領選では、ソーシャルメディアの果たす役割の大きさが改めて浮き彫りになった。支持者に再選を伝える電子メールやシカゴでの勝利演説に先立ち、陣営はまずツイッターとフェイスブックで勝利を宣言した。

この日のツイッターの投稿数は3100万本に達し、オバマ大統領の勝利が確定したピーク時には1分あたりの投稿数が32万7452本に上った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]