タイ国立公園で新たにゾウ5頭の死骸 滝に転落

新たにゾウ5頭の死骸を発見 タイ国立公園

(CNN) タイ東北部のカオヤイ国立公園で、滝に落ちたとみられるゾウ5頭の死骸が新たに見つかった。5日に同じ渓谷で発見された6頭と合わせ、計11頭のゾウが死んだことになる。

同国の国立公園で死んだ野生のゾウの数としては過去最大だ。

地元ナコンナヨック県の知事が8日に発表したところによると、新たな死骸は無人機から撮影したビデオに映っていた。

当局者らは5日に発見した死骸について、高さ約150メートルの滝に落ちた子どものゾウを助けようとして、仲間のゾウ5頭が次々に落ちたとの見方を示していた。

この時に救出された2頭は群れに帰された。

滝にはタイ語で「地獄の淵」を意味する名前がついている。タイの政府系放送局MCOTによると、当局者らは川の汚染を防ぐため、計11頭の死骸を急いで回収する構えだ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]