カンガルー肉をペットフードに、オーストラリアの州が狩猟解禁

豪南東部のビクトリア州でカンガルー猟が解禁/Shutterstock

豪南東部のビクトリア州でカンガルー猟が解禁/Shutterstock

(CNN) オーストラリア南東部のビクトリア州は1日、ペットフードへの使用を目的としたカンガルー猟を正式に解禁すると発表した。

同州の「カンガルー狩猟プログラム」は、5年間の試行期間を経て正式に発足する。

カンガルーは、外国人から見ればオーストラリアを象徴する可愛いシンボルだが、国内では作物を荒らしたり自動車事故を引き起こすなどの被害が深刻化している。

そこで州は、狩猟免許を持つハンターによるカンガルー猟の解禁に踏み切った。死骸はペットフードの材料として、事業免許を持つ業者に販売できる。

同制度の目的は、カンガルーの頭数を抑制し、無駄を減らし、雇用を支え、カンガルーを害獣とみなす農家を支援することにある。ビクトリア州農業局長は、「カンガルーの個体数を健全なレベルに保ち、作物を食べたり器物を損壊したり、餌や水を家畜と争ったりするカンガルーに農家が圧倒されないようにする」と説明する。

制度の策定に当たっては、5年間の試行期間で得た教訓を生かし、カンガルーの生息数が多い7カ所を「狩猟区域」に指定した。

狩猟の規模を持続可能なレベルに保ち、動物保護基準を満たすため、ハンターによる狩猟の対象となるカンガルーの頭数は各区域ごとに上限が決められている。

狩猟が可能な頭数の割り当ては、カンガルー生息数調査をもとに州が毎年更新する。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]