米アカデミー、平手打ちのウィル・スミスさんを非難 「正式調査」開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウィル・スミスさん、アカデミー賞で司会者のクリス・ロックさんの顔たたく

(CNN) 米アカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミーは28日の声明で、主演男優賞を受賞した俳優ウィル・スミスさんの行動を非難した。スミスさんは前日行われた授賞式の最中、壇上に上がってプレゼンターのクリス・ロックさんに平手打ちを見舞っていた。

声明はスミスさんを非難したうえで、「正式調査」を開始したと表明。同団体の内規や行動規範、カリフォルニア州法に従い、さらなる措置と結果を検討する方針を示した。

これに先立ちCNNは28日、事情に詳しい情報筋から、アカデミーの幹部がスミスさんを授賞式のテレビ中継から外すことを「強く検討」していたとの情報を得た。

これによると、平手打ちがあった直後に議論が行われたものの、アカデミーの意思決定者が会場内にばらばらに座っていたため、スミスさんが主演男優賞を受賞する前に対応することができなかったという。

スミスさんは受賞スピーチの際、アカデミーや他の候補者に謝罪。授賞式の後、アカデミーはツイッターで「いかなる形の暴力も容認しない」とする声明を発表した。

問題の場面ではロックさんがジョークとして、スミスさんの妻ジェイダ・ピンケット・スミスさんに向かって「G・I・ジェーンの続編が待ちきれない」などと発言。切り替わったカメラはあきれた表情のジェイダさんを捉えていた。ジェイダさんは自己免疫疾患による脱毛症との闘病を公表している。

このジョークを受け、スミスさんは壇上に上がってロックさんを殴打したとみられる。さらに放送禁止用語を交え「妻の名を口にするな」とも述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]