IOC、彭帥さんと2度目のビデオ通話 本人が安全を「再確認」と説明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
張高麗(チャンカオリー)前副首相=2012年/Wang Zhao/AFP/Getty Images

張高麗(チャンカオリー)前副首相=2012年/Wang Zhao/AFP/Getty Images

今回の2度目のビデオ通話について、IOCは彭さんに対する「広範な支援」を申し出たと発表。定期的に本人と連絡を取ると約束したほか、「来年1月に個別の会合を持つことですでに合意した」と付け加えた。

またIOCはCNNに対し、2度目のビデオ通話の映像を一切提供しないと告げた。彭さんの安全への懸念や、自由な発言を許されているのかどうかについて懐疑的な見方があることを理由に挙げた。

一方、女子テニス協会(WTA)のスティーブ・サイモン会長兼最高経営責任者(CEO)は1日、香港を含む中国でのWTAの全トーナメントを即時停止すると発表した。彭さんの告発をめぐり、中国当局の透明性が欠如していることを踏まえた対応だと述べた。

WTAの広報担当者は2日、CNNに対し、彭さんから3通目となる電子メールが届いたと明らかにした。同日、中国国営メディアと関わりのある記者が「確認済みの情報源」からの引用としてツイッターに投稿したところによると、彭さんの電子メールはWTAの不当な決定に対する衝撃を表明する内容だったという。

WTAの広報担当者は、電子メールに反応する形で上記の決定を支持すると明言。中国でのトーナメントを即時停止する意向を強調した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]