アジアの熱帯低気圧、今世紀末までに破壊力が倍増か 中国研究

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アジアで発生する熱帯低気圧の破壊力が今世紀末までに倍増する恐れがあるとの研究結果が発表された/VCG/Visual China Group/VCG via Getty Images

アジアで発生する熱帯低気圧の破壊力が今世紀末までに倍増する恐れがあるとの研究結果が発表された/VCG/Visual China Group/VCG via Getty Images

(CNN) アジアを襲う熱帯低気圧の破壊力は、今世紀末までに倍増する恐れがあるとの研究結果が発表された。

中国の深セン気象創新研究院と香港中文大学の研究者らが、東アジアと東南アジアの熱帯低気圧について1979年から2016年までのデータを分析し、地球科学の専門誌「フロンティアズ・イン・アース・サイエンス」に結果を報告した。

それによると、現在の熱帯低気圧は40年近く前に比べ、継続時間が2~9時間、内陸部に進入する距離も平均100キロ増えていることが分かった。

この期間に最も大きな被害を受けたのは、ベトナムの首都ハノイと中国南部だった。

さらに今世紀末までには、上陸時の平均風速が2メートル強くなることが予想される。熱帯低気圧の最大風速が少し強まるだけで、被害は大幅に増えることが分かっている。

今世紀末までに平均的な熱帯低気圧の継続時間はさらに約5時間、内陸への進入距離は92キロ増加し、破壊力はほぼ倍増するという。

世界全体では過去50年間で、熱帯低気圧による死者が計78万人近く、経済損失額は計約14億ドルに上った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]