IOC、彭帥さんと2度目のビデオ通話 本人が安全を「再確認」と説明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IOCが彭帥さんとのビデオ通話を再び行ったことを発表した/Lintao Zhang/Getty Images AsiaPac/Getty Images

IOCが彭帥さんとのビデオ通話を再び行ったことを発表した/Lintao Zhang/Getty Images AsiaPac/Getty Images

(CNN) 国際オリンピック委員会(IOC)は2日、中国元高官による性的暴行を訴えたテニス選手の彭帥(ポンショワイ)さんと2度目のビデオ通話を1日に行ったことを明らかにした。この中で彭さんは自分が安全で元気なことを「改めて確認」しつつ、現在は「難しい状況」に置かれているとの認識を示したという。

11月2日付のSNSへの投稿のスクリーンショットによると、中国有数の知名度を誇るスター選手である彭さんは、張高麗(チャンカオリー)前副首相から同氏宅で性行為を強要されたと訴えた。投稿はその後、削除された。

告発後、彭さんは公の場から2週間以上姿を消した。女子テニス界からは、彭さんの所在の説明と張氏に対する告発への徹底調査を求める声が上がっていた。

IOCは先月21日の声明で、バッハ会長が中国スポーツ当局者やIOC関係者を交えて彭さんと30分間のビデオ通話を行ったと明らかにした。通話中の彭さんは元気で、リラックスしているように見えたという。また「プライバシーを尊重してほしい」と語っていたともしている。

IOCはビデオ通話がどのように実施されたのか説明しなかった。当該の動画は一般に公開されていない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]