韓国、新規感染者が過去最多の5000人超 オミクロン株の疑い例を調査中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ソウル駅外の仮設の検査場で新型コロナ検査の準備をする医療従事者/SeongJoon Cho/Bloomberg/Getty Images

ソウル駅外の仮設の検査場で新型コロナ検査の準備をする医療従事者/SeongJoon Cho/Bloomberg/Getty Images

(CNN) 韓国疾病予防管理庁(KDCA)によると、同国で11月30日に確認された新型コロナウイルスの新たな感染者は5123人と、過去最多を更新した。

KDCAの集計によれば、新規感染者のうち5075人は市中感染の症例。ソウル首都圏で確認された感染者が4110人を占めた。同国の累計感染者は45万2350人に達した。

この日に報告された死者は34人で、累計の死者数は3658人になった。重症者は約723人とされる。

ワクチン接種は1日の時点で全人口の82.9%が少なくとも1回受け、79.9%が完了している。

同国では少なくとも2人が新型コロナの新たな変異株、オミクロン株に感染した疑いがあり、調査結果が1日中にも発表される見通し。

保健当局とKDCAはオミクロン株に対応するため、関係省庁とともにタスクフォースを設置すると発表した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]