スーパーマンがカミングアウト、コミック最新刊で男性と恋愛

ビルの屋上に並んで座る2人/DC

ビルの屋上に並んで座る2人/DC

作者のトム・テイラー氏は、「スーパーマンは常に希望と真実、正義のシンボルだった」「現代はそのシンボルが表すものがさらに増えた。もっと多くの人が、コミックの中の最強のスーパーヒーローに自分を重ね合わせられる」とコメントしている。

DCの世界でLGBTQ(性的少数者)の登場人物が描かれるのは初めてではない。「バットマン」のロビンとして登場するティム・ドレイクは男性からのデートの誘いに応じ、「バットウーマン」のケイト・ケインは女性との関係を理由にかつての軍の規律違反で処罰され、バットマンの2017年のシリーズにはトランスジェンダーの科学者ビクトリア・オクトーバーが登場する。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]