米テキサス州知事、コロナワクチン義務付けを禁止 民間企業含む全組織で

米テキサス州のアボット知事/Julio Cortez/AP/FILE

米テキサス州のアボット知事/Julio Cortez/AP/FILE

ワシントン(CNN) 米テキサス州のアボット知事は11日、民間企業を含む州内の全組織に対し、ワクチン接種の義務化を禁じる知事令を出した。米共和党は、新型コロナウイルス関連の公衆衛生対策に対する抵抗姿勢を強めている。

知事令では、宗教的信仰に基づく個人的な理由であれ、新型コロナに感染したことがあるといった医療上の理由であれ、ワクチンに反対する住民に対してテキサス州内の組織が接種を強要することはできないとした。

アボット知事は声明の中で、「新型コロナウイルスのワクチンは安全かつ有効で、同ウイルスに対する最善の防御だが、接種は引き続き任意とすべきであり、決して強要してはならない」と強調している。

知事はテキサス州議会に対しても同じ内容の法案を通過させるよう訴え、そうした法案が可決された時点で知事令は撤回するとした。

アボット知事は今年8月、自身も新型コロナに感染していた。同知事はこれまでにも、自治体などのワクチン接種義務付けやワクチンパスポートの必須化、学校区によるマスク着用義務付けの禁止を発表している。

これに対し、ワクチン義務付けを感染拡大防止のための重要な対策と位置付けるバイデン大統領はいら立ちを募らせ、先月行った演説で「フロリダとテキサスの州知事は、私が提案した生命を救うための措置を全力で台無しにしようとしている」と名指しで批判していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]