東京五輪金の豪競泳女子の選手がコロナ感染、予防的措置で入院

新型コロナに感染し入院したマディソン・ウィルソン選手(27)/from Madi Wilson

新型コロナに感染し入院したマディソン・ウィルソン選手(27)/from Madi Wilson

(CNN) 東京オリンピック(五輪)の競泳でメダルを取ったオーストラリア代表のマディソン・ウィルソン選手(27)が遠征先のイタリアで、新型コロナウイルス感染症により「予防的措置」として入院したことを明らかにした。

ウィルソン選手は東京五輪の競泳女子400メートルリレーで金メダル、800メートルリレーで銅メダルを獲得。米LAカレントのメンバーとしてイタリア・ナポリでの国際水泳リーグ(ISL)に出場する予定だったが、新型コロナウイルスの検査で陽性判定を受けて断念した。

ワクチンは2回目の接種を完了していた。

同選手は19日、インスタグラムに「皆さんからの応援のメッセージに大変感謝している」と書き込んだ。

自分は胸部と肺に基礎疾患があるため予防的に入院したが、ワクチンで周囲の接触相手が守られたと強調し、「私の身に起きたこと、起きるかもしれなかったことはワクチンで軽減された」と主張した。

「ここ2~3カ月はとても忙しく、心身ともに消耗して感染しやすい状態だったのかもしれない」とも書き込む一方、「すでに体調は格段に良くなった」として、「私からの最大のメッセージはワクチンを打ってということだ」と呼び掛けた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]