空港の警官に翻訳アプリで援助求める ベラルーシ陸上選手、CNNに1週間の経緯語る

陸上女子ベラルーシ代表のチマノウスカヤ選手が、亡命を希望するに至る経緯を語った/Issei Kato/Reuters

陸上女子ベラルーシ代表のチマノウスカヤ選手が、亡命を希望するに至る経緯を語った/Issei Kato/Reuters

(CNN) 東京オリンピック(五輪)のベラルーシ代表で、2日の陸上女子200メートルに出場予定だったクリスチナ・チマノウスカヤ選手は、厳しいトレーニングが自身を表彰台へと導いてくれることを願っていた。だが代わりに、競技の舞台から降りたことで世界の注目を集めることになった。

チマノウスカヤ選手によると先月30日、インスタグラムに同国のスポーツ当局を批判する内容の投稿をしたことで、同国選手団の代表が帰国を強制しようとした。同選手は2日、投獄の恐れがあると訴えて日本からの出発便への搭乗を拒否し、同日ポーランドから人道ビザの発給を受けた。

同選手の投稿は明らかに政治的なものとは言えないものの、同国では強権的な体制を敷くアレクサンドル・ルカシェンコ大統領に対する昨年の大規模な抗議行動を受けて、スポーツ選手たちが政府批判を繰り広げた際、報復に直面したり、拘束されたり、代表チームから外されたりしてきた。

ベラルーシオリンピック委員会は、チマノウスカヤ選手が「感情的、精神的状態」を理由に大会を欠場すると発表していた。

CNNはチマノウスカヤ選手に対して、先週起きた一連の出来事について尋ねた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]