F1王者ルイス・ハミルトン、新型コロナ陽性 週末のサキールGP欠場へ

ルイス・ハミルトン選手が新型コロナウイルス陽性のため週末のレースを欠場する/Charles Coates/Getty Images AsiaPac/Getty Images

ルイス・ハミルトン選手が新型コロナウイルス陽性のため週末のレースを欠場する/Charles Coates/Getty Images AsiaPac/Getty Images

(CNN) 自動車のF1シリーズ王者、メルセデスのルイス・ハミルトン(英国)が新型コロナウイルス感染の検査で陽性反応を示し、今週末のサキール・グランプリ(GP)を欠場する見通しとなった。

メルセデスの発表によると、ハミルトンは現在、自主隔離中。軽い症状にとどまっているという。

11月29日に出場したバーレーンGPの会場を含め、先週は3回検査を受けていずれも陰性だった。30日朝に軽い症状があり、バーレーン入りの前に接触していた相手が陽性判定を受けたことを知らされた。

これを受けた検査で陽性となり、再検査で感染が確認された。

メルセデスは近く、サキールGPに出場する代わりの選手を発表する見通し。

ハミルトンは先月のトルコGPに勝利して、ミハエル・シューマッハー(ドイツ)と並ぶ7冠を達成。さらにバーレーンGPを制して通算95勝と歴代記録を更新し、今季11勝目の自己記録に並んだ。

年間の最多優勝記録はシューマッハーとセバスチャン・ベッテル(ドイツ)の13勝。ハミルトンは今季、サキール欠場で最終戦のアブダビGPを残すのみとなり、この記録に並ぶ可能性はなくなった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]