俳優マイケル・J・フォックスさん、健康理由に2度目の引退

俳優のマイケル・J・フォックスさんが引退すると表明した/Allison Boiles

俳優のマイケル・J・フォックスさんが引退すると表明した/Allison Boiles

(CNN) 俳優のマイケル・J・フォックスさんが新著の中で、健康上の理由から2度目の引退を宣言した。米誌ピープルが伝えた。

フォックスさんは数十年前にパーキンソン病と診断され、2018年には脊椎(せきつい)の非がん性腫瘍(しゅよう)を摘出する手術を受けていた。

新著「No Time Like the Future」の中で自身の思いを語ったフォックスさんは、「単語を取り込んで、それを逐一言葉で繰り返す能力が衰えた」と告白、「どんなものにも時がある。12時間の仕事に打ち込んで、7ページ分の会話を暗記していた僕の時は、最高の過去になる」と記した。

フォックスさんはコメディードラマ「ファミリータイズ」主演で有名になり、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズや「ティーン・ウルフ」などのヒット作に出演。テレビ番組には「スピン・シティ」で復帰していた。

しかし「僕自身と、プロデューサー、監督、エディター、それに窮地に立たされた気の毒なスクリプター、そして言うまでもなくちょっとしたペースを楽しむ役者たちの公平のために、僕は2度目の引退に入る」と宣言した。

「それは変わるかもしれない。全ては変わるものだから。でも、もしこれが僕の俳優のキャリアの終わりなら、それでいい」。フォックスさんはそう記している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]