米6歳少年が犬に襲われた妹救出、SNSで女優から賛辞

顔に深手を負いつつ、犬の襲撃から妹を守ったブリッジャー・ウォーカー君/Courtesy Robert J. Walker

顔に深手を負いつつ、犬の襲撃から妹を守ったブリッジャー・ウォーカー君/Courtesy Robert J. Walker

(CNN) 米ワイオミング州で6歳の男の子が、犬に襲われた妹をかばって顔に深い傷を負いながらもこれを救出する出来事があった。親類が男の子をたたえる内容をSNSに投稿すると、女優のアン・ハサウェイさんからその勇気を称賛するコメントが寄せられた。

CNNが入手した家族の声明によると今月9日、ブリッジャー・ウォーカー君は4歳の妹が1匹の犬に襲われているのに気付いて助けに飛び込んだ。

犬は1歳になるジャーマンシェパードのミックス犬で、妹の盾になったブリッジャー君を激しく攻撃。頬を押さえつけて離さなかった。

その後救出されたブリッジャー君は、2時間かけて90針以上縫う手術を受けた。父親からなぜ妹と犬の間に割って入ったのか問われると、「もし誰かが死んでしまうくらいなら、自分がそうなろうと思った」と答えたという。

ブリッジャー君のおばはインスタグラムのページを立ち上げ、ブリッジャー君のことを紹介。人気スーパーヒーロー映画「アベンジャーズ」シリーズのファンだと明かすと、アン・ハサウェイさんがこれに反応した。

ハサウェイさんは自身のインスタグラムにブリッジャー君と妹の画像を掲載し、「私はアベンジャーではないけれど、誰がスーパーヒーローかは一目見ればわかる」「あなたの半分でもいいから勇気をもって生きていきたい。ブリッジャー」とつづった。

またブリッジャー君の無事な回復を祈りつつ、「アベンジャーズ」シリーズでハルク役を演じるマーク・ラファロさんに向けて「仲間が欲しくない?」と呼びかけた。

ハサウェイさんの投稿には100万件を超える「いいね」のほか、ブリッジャー君をたたえる数千件のコメントが寄せられた。

ブリッジャー君の家族によると、ラファロさんをはじめとするアベンジャーズの出演者らからも連絡があったという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]