映画「バットマン」が撮影再開、コロナ感染のロバート・パティンソンも復帰

「バットマン」の撮影が再開されたことがわかった=12日、英リバプール/MEGA/GC Images/Getty Images

「バットマン」の撮影が再開されたことがわかった=12日、英リバプール/MEGA/GC Images/Getty Images

(CNN) 人気映画シリーズ「バットマン」の撮影が英リバプールで再開されたことがわかった。現場ではロバート・パティンソンやコリン・ファレル、ゾーイ・クラヴィッツの姿が確認された。

キャットウーマン役のクラヴィッツは黒のトレンチコートを着用しており、そろいの帽子を頭にのせている。ファレルはペンギン役に合わせて顔に傷やしわが施されていた。ブルース・ウェイン役のパティンソンの姿もセットで目撃された。

映画の撮影は先月、パティンソンが新型コロナウイルス検査で陽性となったことで中断していた。同作品は3月にも新型コロナウイルスの感染拡大を受けて制作が中断されていた。

公開は当初2021年6月を予定していたが、現在は2022年3月4日に延期されている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]