キアヌ・リーブス、「マトリックス4」に復帰の理由は

キアヌ・リーブス、「マトリックス4」に復帰

(CNN) 俳優のキアヌ・リーブスは、SF映画「マトリックス」シリーズの新作である「マトリックス4」への復帰を決めた理由について、ラナ・ウォシャウスキーが美しい脚本を書き上げ、素晴らしい物語が自分自身と共鳴したからだと語った。英メディア「エンパイア」が伝えた。

リーブスは登場人物のネオとして、2003年に公開された「マトリックス リローデッド」と「マトリックス レボリューション」の続編に登場する。

リーブスはラナ・ウォシャウスキーと再び仕事をするのは素晴らしいことだと述べた。

1作目の「マトリックス」(1999年)は、ラナ・ウォシャウスキーとリリー・ウォシャウスキーによって生み出された。現在ではSF映画というジャンルの象徴的な作品と考えられている。

キャリーアン・モスもトリニティ役を演じる。モスは続編について、作られるとは思っておらず驚いたと語った。

「マトリックス4」は2021年5月に公開の予定。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]