ジョージ・フロイドさんの葬儀、故郷ヒューストンで実施 ライブ配信も

ジョージ・フロイドさんの棺を載せた車両。葬儀は米テキサス州ヒューストンで行われる/Johannes Eisele/AFP/Getty Images

ジョージ・フロイドさんの棺を載せた車両。葬儀は米テキサス州ヒューストンで行われる/Johannes Eisele/AFP/Getty Images

(CNN) 米ミネソタ州で警官に首を圧迫されて死亡した黒人男性、ジョージ・フロイドさんの葬儀が9日、故郷のテキサス州ヒューストンで執り行われる。

葬儀は現地時間の午前11時(日本時間10日午前1時)から始まり、その模様はインターネット上でライブ配信される。

参列者は500人に限られ、親族や親しい友人らのほかにヒューストンのターナー市長、俳優ジェイミー・フォックス氏も会葬する予定。市民権運動の指導者らがスピーチし、正義と改革を呼び掛ける。

葬儀の費用は全額、ボクシングの元世界王者フロイド・メイウェザー氏が負担する。

ジョージ・フロイドさんはノースカロライナ州で生まれた。1992年にヒューストン市内の高校を卒業し、地元のバンドでラップ歌手としても活躍。その後ミネソタ州ミネアポリスへ移った。

先月25日に亡くなった事件をきっかけに、人種差別への抗議デモが全米に広がった。4日にミネアポリス、6日にはノースカロライナ州でも葬儀が営まれた。ヒューストンの葬儀会場となる教会には8日、数千人が弔問に訪れた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]