新型肺炎予防で万全のマスク姿公表、米女優G・パルトロウ

G・パルトロウさんがウイルス対策のマスクを着用した姿をSNSに公開した/Neilson Barnard/Getty Images

G・パルトロウさんがウイルス対策のマスクを着用した姿をSNSに公開した/Neilson Barnard/Getty Images

(CNN) 米女優のグウィネス・パルトロウさんは新型肺炎の予防対策で、パリへ向かう機内でマスクを着用する細心の準備で睡眠に備える自らの姿の写真をインスタグラム上でこのほど公開した。

「偏執狂? 用心深い? パニック状態? 落ち着いている? パンデミック? プロパガンダ?」とも書き添え、「安全を図ろう。握手するな。こまめに手を洗おう」とも付け足した。

パルトロウさんは2011年公開の感染症の急拡大をテーマーにした米映画「コンティジョン」にも出演。この映画では物語の初期の段階で感染症にかかり死亡する役柄を演じてもいた。

パルトロウさんが使っているマスクは、粉じんやウイルスの吸入を防ぐ「N95」マスクに見える。米食品医薬品局(FDA)によると、ウイルス吸入などの阻止に非常に効果的とされている。

アザー米厚生長官は25日、N95マスクは公衆衛生従事者らの大半が使っているとも述べていた。米疾病対策センター(CDC)によると、普通のタイプである「サージカルマスク」はより小さい粉じんなどは十分に防げず、新型コロナウイルスの阻止には大きな効果が期待出来ない。

パルトロウさんのマスク姿を見たのか、同じ米女優のケイト・ハドソンさんもサージカルマスクを着ける自らの写真をインスタグラムに掲載。パルトロウさんに対し「少なくとも正しいマスクを使っている!!!」とも書き込んだ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]