新型ウイルス、ブラジルでも感染確認 南極除く全大陸に拡大

中国武漢市で始まった新型コロナウイルスの感染は、世界7大陸のうち6大陸に拡大した/Shutterstock

中国武漢市で始まった新型コロナウイルスの感染は、世界7大陸のうち6大陸に拡大した/Shutterstock

(CNN) ブラジル当局は26日、同国初となる新型コロナウイルスの感染者が出たことを明らかにした。南米で感染が確認されたのは初めて。

これにより、中国武漢市で始まった新型コロナウイルスの流行は、世界7大陸のうち南極を除く6大陸に拡大した。

大陸別で見ると、アフリカではアルジェリアが25日、初の感染者が出たことを確認した。エジプトでも感染者が報告されている。

アジアでは中国本土で感染者と死者の大部分が発生。感染者はアジア全域で報告されているが、特に韓国と、日本に停泊中のクルーズ船に集中している。

中東ではイランで少なくとも139人の感染が報告された。公式発表によると、イラン国内の死者数は15人。

オーストラリアは22日の時点で22人の感染を確認していた。欧州ではイタリアの感染規模が最も大きく、320人超が感染、12人が死亡している。

米保健当局者によると、北米では少なくとも59人の米国人が陽性反応を示した。カナダでも感染者が報告されている。

トランプ米大統領は26日、記者会見を行い、ペンス副大統領が国内の対策チームを率いると発表した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]