人気上昇中のラップ歌手ポップ・スモーク、強盗事件で死亡 米カリフォルニア州

ラップ歌手のポップ・スモークさんが強盗事件で死亡した/Claudio Lavenia/Getty Images

ラップ歌手のポップ・スモークさんが強盗事件で死亡した/Claudio Lavenia/Getty Images

(CNN) 米カリフォルニア州ハリウッド・ヒルズで19日、民家に何者かが押し入る強盗事件があり、人気上昇中だったラップ歌手のポップ・スモークさん(20)が死亡した。警察や司法関係者がCNNに明らかにした。

警察は強盗事件について記者会見を開いたものの、被害者の氏名は発表していない。

ロサンゼルス市警によると、現地時間の午前5時ごろ、友人の自宅に強盗が押し入り、容疑者の1人が拳銃を持っているという通報があった。

現場に駆け付けた警察は、家の中で撃たれて倒れている男性を発見。男性は搬送先の病院で数時間後に死亡が確認された。

この事件に関連して一時的に拘束された数人は釈放された。殺人捜査班が捜査を続けているが、これまでのところ逮捕者は出ていない。警察は19日午前、複数の目撃者から事情を聴いた。

警察に通報した人物は、当時この家にいた相手と連絡を取っていたという。目撃者によると、強盗に入ったのは2~6人の集団で、1人はマスクを着けていた。

ポップ・スモークはブルックリン・ドリルと呼ばれるジャンルのラップ歌手で、昨年夏に初リリースしたミックステープで注目され、先週、2番目のミックステープをリリースしたばかりだった。

ソーシャルメディアでは、ミナージュや50セント、チャンス・ザ・ラッパーなどのアーティストがポップ・スモークさんの死をいたみ、所属するレコード会社も哀悼の意を表した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]