ロシア工作員として米国内で活動か メキシコ人の男逮捕 米司法省

ロシアの指示で米国内に工作を仕掛けたとしてメキシコ人の男が逮捕された/Samuel Corum/Getty Images

ロシアの指示で米国内に工作を仕掛けたとしてメキシコ人の男が逮捕された/Samuel Corum/Getty Images

(CNN) 米司法省は18日、ロシア政府当局者の指示を受けて米国に入り、工作員として活動したとみられるメキシコ人の男を逮捕したことを明らかにした。

発表によると、メキシコ国籍でシンガポールに住み、研究職に就いていたヘクトル・アレハンドロ・カブレラ・フエンテス容疑者は昨年、ロシア政府当局者に声を掛けられ、米フロリダ州マイアミでアパートを借りるよう指示された。

法廷文書によると、フエンテス容疑者は今月、モスクワへ出向いて同当局者と面会。ある米政府関係者が乗っている車の特徴を教えられた。この車のナンバーを写真撮影なしで入手し、ロシア側に知らせるというのが任務だった。

同容疑者は今月13日、短期滞在ビザでメキシコ市からマイアミに入った。その翌日、同政府関係者の住居の警備員が、容疑者ともう1人の2人組を目撃している。もう1人の人物が問題の車のナンバーを撮影していたとされる。

2人は16日、マイアミ国際空港から出国しようとしたところを、税関・国境警備局(CBP)の職員に止められた。フエンテス容疑者は捜査当局者の調べに対し、ロシア当局者の指示で動いていたことを認めたという。

容疑者が携帯電話に保存していた同当局者との会話から、ロシア側の働きかけで面会していたことが裏付けられた。

法廷文書によれば、フエンテス容疑者には妻が2人いて、1人がメキシコ人、もう1人がロシア人とされる。

同容疑者は21日にマイアミの連邦裁判所へ出廷する見通し。来月3日に罪状認否が予定されている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]