地方局司会者が謝罪、共演の黒人男性に「ゴリラ似」 米

ジェイソン・ハケットさんと視聴者に謝罪するアレックス・ハウスデンさん/KOCO

ジェイソン・ハケットさんと視聴者に謝罪するアレックス・ハウスデンさん/KOCO

(CNN) 米オクラホマ州のテレビ局が放送する番組で、共同司会者の1人がもう一方の黒人男性についてゴリラに似ていると発言し、翌日の放送で涙ながらに謝罪した。

同州のCNN系列局KOCOテレビで朝の番組の司会を担当する男女2人のうち、白人女性のアレックス・ハウスデンさんが22日の放送中、オクラホマ市動物園のゴリラを取り上げたコーナーの後でもう一方の黒人男性、ジェイソン・ハケットさんに対し、「(ゴリラは)ちょっとあなたに似ている」と発言した。

ハウスデンさんは翌日の番組で「配慮に欠けた不適切な発言で皆さんを傷つけた」と視聴者に謝罪。ハケットさんにも「あなたは大好きな親友の一人。わざと傷付けるようなことは決してしない」と語り掛けた。

ただし、黒人の容姿をゴリラに例える言葉が人種差別的な意味を持つという問題には、直接言及しなかった。

ハケットさんは謝罪を受け入れ、「私も多くの皆さんも深く傷付いた」と率直に語った。ハウスデンさんと手を差し伸べ合い、自分にとっても親友の一人だと話した。

ハケットさんはさらに、この出来事が「言葉の大切さ」を知らせる「学びの機会」になるよう願っていると述べ、「私たちはお互いに相手が傷付く言葉、胸にこたえる言葉を理解し合わなければ」と呼び掛けた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]