トランプ大統領、気候変動の討議を欠席 「スケジュール重なったため」

気候変動などに関連した討議をトランプ米大統領は欠席した/LUDOVIC MARIN/AFP/Getty Images

気候変動などに関連した討議をトランプ米大統領は欠席した/LUDOVIC MARIN/AFP/Getty Images

フランス・サンジャンドリュズ(CNN) トランプ米大統領は、フランス・ビアリッツで開催された主要7カ国首脳会議(G7サミット)で、気候変動などに関する討議を欠席した。大統領報道官は「スケジュールが重なったため」と説明している。

他の各国首脳が大きな円卓の周りにある席に座るなか、トランプ大統領に用意された席は空っぽだった。

グリシャム大統領報道官は「大統領はドイツとインドとの首脳会談があったため、代わりに政権高官が出席した」と説明した。

ただ、ドイツのメルケル首相とインドのモディ首相は少なくとも討議の冒頭には出席していた。

開催国フランスのマクロン大統領は、「トランプ氏はいなかった。しかし、彼のチームはいた」と語って、トランプ大統領の不在を重要視しない姿勢を示した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]