テイラー・スウィフト、LGBT運動発端のバーで演奏

T・スウィフトが性的少数者の権利運動にゆかりのあるバーでパフォーマンスを披露/Craig Barritt/Getty Images

T・スウィフトが性的少数者の権利運動にゆかりのあるバーでパフォーマンスを披露/Craig Barritt/Getty Images

(CNN) 人気歌手のテイラー・スウィフトがこのほど、米ニューヨークのバー「ストーンウォール・イン」で演奏を披露した。ストーンウォール・インで1969年に起きた暴動は、LGBTなどの性的少数者の権利運動の発端となったとされる。

スウィフトが登場したのは14日。同バーでは、ストーンウォール・インで起きた暴動から50年を祝うイベントが開催されていた。

スウィフトは「Shake It Off」を熱唱。イベントの司会を務めた俳優のジェシー・タイラー・ファーガソンもステージ上で一緒に歌ったり踊ったりした。

スウィフトは先ごろ、「You Need to Calm Down」の動画を公開していた。この曲の歌詞は、インターネットでのいじめに抵抗し、LGBTQのコミュニティーに対して支持を表明する内容。スウィフトは4月、テネシーのLGBTQ支援団体に11万3000ドルを寄付していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]