米歌手T・スウィフト、もっと政治的発言増やす 次期大統領選控え

テイラー・スウィフトさん/Axelle/Bauer-Griffin/FilmMagic/FilmMagic

テイラー・スウィフトさん/Axelle/Bauer-Griffin/FilmMagic/FilmMagic

(CNN) 米国の人気女性歌手テイラー・スウィフトさんは9日までに、次期米大統領選を2020年に控え、「自らの影響力を使う責任を自覚している」とし、大統領選へ向けた活動を強める考えを示した。

米誌エルへの「私が約30年の人生で学んだ30の事柄」と題する寄稿の中で述べた。スウィフトさんは数カ月後に30歳となる。

スウィフトさんは「政治の面で自分の声を見い出している」とし、十分な時間をかけて国民の日常生活に響く法案に署名する政治制度や政府の形態を勉強したと指摘。「我々の最大の弱者を危険にさらす多くの問題を目撃した」と指摘し、「声高に変革の実現を助けなければならないと感じる」と訴えた。

また、政治問題については事情を十分に把握したと主張し、今や自らの約1億1400万人のフォロワーに語りかけるのに十分な資格があると考えているとも述べた。「みえみえのベールをかぶせる形のメッセージで人種差別や恐怖感を植え付けるのは我々の指導者に求めていることではない」と暗にトランプ大統領を批判。「手助けするため私はより以上のことをする」とし、「我々には来年、大きな競争がある」とも続けた。

スウィフトさんは昨年11月の米中間選挙のテネシー州の連邦上下両院選挙で民主党候補を支持する政治的な意見の表明で話題を呼んだ。半面、政治的に保守的な立場にあるファン層からは批判もされていた。選挙では上院選候補が落選、下院では当選していた。

スウィフトさんは当時、政治的な立場表明を避けてきた自らの人生を認めながらも、過去2年間における個人的な生活や世界での幾つかの問題に直面し考えが変わったと主張していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]