米11歳少年、自宅侵入の男をなたで撃退 容疑者は病院から逃走も逮捕

(CNN) 米ノースカロライナ州に住む11歳の少年が、自宅に侵入した19歳の男の後頭部へなたを打ち込み、撃退する事件があった。男は数時間後に傷の手当てのため病院を訪れたが、逮捕を恐れて逃走。地元の保安官事務所によると16日に母親の自宅で身柄を拘束された。

事件は14日朝、同州チャペルヒル北西のメバネで発生した。11歳のブレイドン・スミス君が自宅で1人留守番をしていたところ、玄関口に車が1台乗りつけ、中から女1人と男1人が降りてきた。保安官事務所によれば、女が家のドアをノックして留守かどうかを確かめる間、男が窓から押し入ったという。スミス君は警察に対し、別のもう1人の男が家の外に止めた車のそばで待機していたと説明している。

当時たまたまスミス君と電話で話していた母親が、女の声を聞きつけておばに連絡。このおばが警察に通報した。

侵入した男は家の中にあった空気銃を手に取り、スミス君を寝室のクローゼットに押し込んだが、スミス君はクローゼットから飛び出すと、なたをつかんで男の頭部に一撃を見舞った。電話の向こうでその様子を聞いていた母親は「身の毛がよだつ」経験だったと振り返る。

男はスミス君の腹部を蹴るなどして反撃。室内の家電品を盗み出そうとしたものの激しい出血のためそれもできず、共犯者らとともに現場から逃走した。

CNN系列局のWTVDによると、保安官事務所は周辺の病院に容疑者とその傷についての特徴を通知した。そのうちの1軒に頭部を負傷した容疑者が現れたという。容疑者はチャペルヒルの医療施設に移送されたが、14日夕には職員らの目を盗んで患者用の室内着を着たまま施設外へ逃走していた。

施設側は声明を出し、当時は医師も看護師も多くの負傷者の治療にあたっており大変多忙な状況だったと説明。容疑者の身柄を確保する立場にあったのはオレンジ郡の保安官事務所だが、「容疑者を監視する警官はいなかった」と述べた。

容疑者はしばらく行方をくらましていたが、保安官事務所は16日のフェイスブックへの投稿で、バーリントンの警察が匿名の情報をもとに容疑者を母親の自宅で逮捕したと明らかにした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]