ポンペオ米国務長官、対イランで「あらゆる選択肢」検討 軍事行動含め

ポンペオ米国務長官。イランに対する「あらゆる選択肢」を検討中だとインタビューで述べた/ERIC BARADAT/AFP/AFP/Getty Images

ポンペオ米国務長官。イランに対する「あらゆる選択肢」を検討中だとインタビューで述べた/ERIC BARADAT/AFP/AFP/Getty Images

ワシントン(CNN) 米国務省のポンペオ長官は16日、イランとの緊張が高まる中で、軍事行動を含む「あらゆる選択肢を検討している」と発言した。ただ、トランプ大統領は戦争を望まないと述べていたとも強調した。

ポンペオ長官はCBSテレビのインタビューの中で、「抑止力を取り戻すために一連の行動を起こすことができると確信している」と述べ、その行動には軍事的対応も含まれるのかという質問には「当然だ」と返答、「大統領は我々がやるべきこと全てを検討する」と述べた。

一方で、「大統領ははっきりと、戦争になることは望まないと言明した」とも付け加えた。

中東情勢を巡っては、石油海上輸送の要衝ホルムズ海峡付近でタンカー2隻が攻撃された事件を巡り、イランとの緊張が一層高まっている。

米国はこの事件にイランが関与したとして非難、イランのパトロール艇が、不発だった水雷をタンカーの船体から取り外している様子をとらえたと主張する映像を公開していた。

ポンペオ長官は16日のFOXニュースの番組でも、イランが攻撃を実行したのは「間違いない」と強調、「海峡の通行を否定する明らかな意図」があったと主張した。

一方、イランのラリジャニ国会議長は16日、米国がイランに罪を着せてイラン政府に圧力をかける目的で、石油タンカー2隻に対する「破壊行為」を行った可能性があると発言した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]