フランスが豪に勝利、VAR判定の恩恵 デンマークはペルー破る

フランスが2-1でオーストラリアを下した

フランスが2-1でオーストラリアを下した

(CNN) グループCはフランスがオーストラリアを2-1で破った。今大会から採用された「ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)」によってPKを獲得するなど、VARの恩恵を受けた形となった。もう1試合のデンマーク対ペルーは、デンマークが1-0で逃げ切った。

フランス対オーストラリアの試合は前半を0-0で折り返した。後半13分にフランスのグリーズマンがPKを獲得。これを自ら決めて、フランスが先制した。このPKはグリーズマンがペナルティーエリア内で倒されたことで得たもの。このプレーは当初、レフェリーが流したものの、その後、VARで確認。判定は覆されて、PKとなった。

後半17分にオーストラリアが反撃。ジェディナクがPKを決めてゲームは振り出しに。

後半36分、フランスのポグバがつま先で撃ったシュートはクロスバーに当たってバウンドし、GKのライアンがキャッチ。このシュートはゴールラインを割っていたことがわかり、フランスの得点となった。

試合はフランスが2-1で勝利した。

グループCのもう1試合、デンマーク対ペルーは、デンマークが後半14分に挙げたポールセンの得点を守り切った。ペルーは36年ぶりの出場だったが勝ち点は得られなかった。ペルーはクエバのPK失敗が響いた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]