「ブラックパンサー」、北米の歴代興収で「タイタニック」抜く

2018.04.09 Mon posted at 14:02 JST

[PR]

ニューヨーク(CNNMoney) マーベルのスーパーヒーロー映画「ブラックパンサー」が、北米での興行収入で「タイタニック」を上回り、歴代3位に躍り出たことが9日までに分かった。

ブラックパンサーはこれまで北米で6億6540万ドル(約710億円)を売り上げた。これは歴代のランキングで「 スター・ウォーズ/フォースの覚醒」、「アバター」に次ぐ3位。2月の公開以降の世界での興行収入は13億ドル近くと記録的なヒット作となっている。

ただこの北米の興収の順位は、インフレを反映したものではない。調査会社ボックス・オフィス・モジョによれば、インフレにもとづいて調整したランキングでは「ブラックパンサー」は歴代34位。1位は1939年公開の「風と共に去りぬ」となる。

直近の週末の興行収入は、パラマント製作のホラー映画「ア・クワイエット・プレース」が公開後初の週末で5000万ドルを売り上げトップに立った。ジョン・クラシンスキーとエミリー・ブラントが出演する同作の製作費は1700万ドル。

2位はスティーブン・スピルバーグが監督する2週目の「レディ・プレイヤー1」で、興行収入は2500万ドルだった。同作はここまで全世界で3億9130万ドルを売り上げている。

メールマガジン

[PR]

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]