F1、エンジン性能を変更 ファン向けに大きな爆音提案

F1のエンジン性能に関する新たなレギュレーションが発表された

F1のエンジン性能に関する新たなレギュレーションが発表された

(CNN) モータースポーツを統括する国際自動車連盟(FIA)は2日までに、2021年からフォーミュラワン(F1)レースへの導入を提案するエンジン性能に関する規定を発表した。

現行の1.6リッターV6ターボ・ハイブリッドエンジンは維持し、より安価、より単純な仕様にしながらも速度は3000rpm(毎分回転数)速くなる。臨場感を高めるため観客スタンドに届くごう音はより大きくなるとしている。

FI担当幹部によると、現在のエンジン規定や将来的なF1の姿などについてファンの意見を傾聴してきたと指摘。F1は現在、岐路にあることを認め、興奮を誘うマシンや優勝を競えるより多くのチーム参加の必要性などを話し合ってきたと述べた。

今回提案した新たなエンジン規定は、F1参加のチーム拡大の条件を生み出すだろうとし、より同等な条件でのレースを実現させると期待した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]