仏検察、東京五輪招致で捜査 日本から2億円余り送金か

東京五輪の招致を巡り仏検察が捜査を開始

東京五輪の招致を巡り仏検察が捜査を開始

(CNN) 仏検察当局は12日、2020年の東京五輪の招致を巡り、招致委員会がシンガポール企業に対して2億円余りを送金していたと指摘し、刑事事件として捜査を開始したことを明らかにした。

検察当局によれば、問題となっているのは2013年7月と10月に「ブラック・タイディングス」という企業に送金された計280万シンガポールドル(約2億2100万円)。名目は「東京2020五輪招致」となっていたという。

20年五輪の東京開催が決まったのは同年の9月で、このタイミングが「刑事捜査の開始の根拠」となったという。

この送金の問題は、ロシアのスポーツ界における組織的なドーピング問題が明らかになったのをきっかけに始まった汚職やマネーロンダリング(資金洗浄)をめぐる捜査の中で浮上したという。

当局は昨年12月に情報を得て、20年五輪招致のプロセスで「汚職やマネーロンダリングが行われていないか確認する」ための捜査に着手したという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]