スター犬のアギー死ぬ、映画「アーティスト」で名演技

2012年のゴールデングローブ賞授賞式で

2012年のゴールデングローブ賞授賞式で

(CNN) アカデミー賞受賞映画「アーティスト」(2011年)などに出演して人気者になったジャックラッセルテリア犬の「アギー」が死んだ。13歳だった。飼い主で訓練士のオマール・フォン・ミュラーさんが12日にフェイスブックで発表した。アギー前立腺に悪性腫瘍(しゅよう)があると診断されていたという。

アーティストは1920年代のハリウッドを舞台にしたサイレント映画。アギーはジャン・デュジャルダン演じるスター俳優ジョージ・バレンティンの愛犬「ジャック」役で出演し、火災現場からバレンティンを救う場面などで名演技を見せていた。

同作品は多数の映画賞にノミネートされ、アギーも共演者と共に何度もレッドカーペットに登場。2012年のゴールデングローブ賞授賞式では、銃弾を浴びて死んだ振りをする演技を披露した。

アギーに俳優賞を受賞させるべきだという草の根運動も持ち上がったが、英映画テレビ芸術アカデミーは、人間ではないアギーに受賞資格はないと発表。「俳優としての動機はソーセージにある」とも指摘した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]