アフリカのキンイロジャッカル、実は新種のオオカミだった

アフリカの「キンイロジャッカル」はオオカミの仲間だった?=D. GORDON B. ROBERTSON

アフリカの「キンイロジャッカル」はオオカミの仲間だった?=D. GORDON B. ROBERTSON

(CNN) アフリカに生息するキンイロジャッカルは、欧州やアジアに生息するキンイロジャッカルとは別の新種だったことが分かったとして、米スミソニアン保全生物学研究所(SCBI)の研究者が生物学誌に研究結果を発表した。

スミソニアン研究所によると、アフリカでイヌ科の新種が見つかったのは150年ぶりだという。

アフリカに生息する種はこれまで、ユーラシア大陸に生息するキンイロジャッカルと同じ種と考えられていた。しかし研究チームがそれぞれの遺伝子を詳しく解析したところ、2つの系統に分類できることが判明。そのうち1つはこれまで知られていなかった新種だったことが分かった。

ユーラシア大陸のキンイロジャッカル(学名Canis aureus)は、ほっそりした体形で鼻口部が短い姿をしている。一方、アフリカに生息する種は姿は似ているものの、遺伝子的にはハイイロオオカミの方に近いことが分かり、研究チームでは「アフリカキンイロオオカミ(学名Canis anthus)」と命名した。系統が分かれたのは100万年以上前だったことも判明した。

アフリカにハイイロオオカミが生息していないことや、キンイロジャッカルとハイイロオオカミは外観が異なることなどから、今回の発見は予想外だったと研究者は指摘している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]