ミス・レバノンとミス・イスラエルが1枚の写真に、波紋呼ぶ

(CNN) ミス・ユニバース世界大会を前に、イスラエル代表の女性が同国と対立関係にあるレバノンの代表らと並んで写真を撮り、インターネット上に公開したことが波紋を呼んでいる。

今年のミス・ユニバース世界大会は21日に米フロリダ州マイアミで開催される。各国代表が続々と現地入りするなか、ミス・イスラエルのドロン・マタロンさんが11日、画像共有サイト「インスタグラム」に1枚の写真を投稿した。

マタロンさんがミス・レバノンのサリー・グレイゲさんやミス・スロベニア、ミス日本と並んでほほ笑む場面に、「私たちからグッド・モーニング」という言葉が添えられている。

これに対してイスラエル、レバノン両国の対立関係を指摘するコメントが寄せられ、ネット上で議論が巻き起こった。

グレイゲさんは17日、交流サイト「フェイスブック」を通し、この写真の「舞台裏」を説明した。それによると、世界大会に向けた準備が始まってからずっと、グレイゲさんは「ミス・イスラエルとの写真撮影や接触を避けるよう細心の注意を払っていた」という。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]