中国人旅行者の機内トラブルが相次ぐ

乗客が絡むトラブルで航空機の遅れが頻発している

乗客が絡むトラブルで航空機の遅れが頻発している

(CNN) 最近、中国人乗客が旅客機内で騒ぎを起こしたというトラブルが相次いで伝えられている。この半月だけでも少なくとも4件の機内トラブルが報じられ、同国内外で大きな反響を呼んでいる。

習近平(シーチンピン)国家主席は9月にモルジブを公式訪問した際、中国人旅行客に対し外国旅行中は行動を慎むよう呼びかけを行った。また中国政府は昨年、「文明的な旅行者」を育てるため、外国での行動の注意点をまとめた長いリストを公表している。

だがそうした声もなかなか国民には届かないようだ。

最近特に大きな話題となったのは、11日にタイ・バンコク発中国・南京行きのエア・アジア機内で起きた「カップ麺事件」だろう。

発端は乗客の中国人男女が、離陸直後にカップ麺用の熱湯を持ってきて欲しいと客室乗務員に頼んだこと。客室乗務員が安全ルールに従って巡航高度に達するまで待つよう求めたところ、男女は怒ってナッツを床に投げて踏みつけた。

その後、客室乗務員が熱湯を持って来て60タイバーツ(約200円)の料金を請求すると、男性は再び激怒して怒鳴った。女性は客室乗務員の背中に湯をぶちまけた。

この件で、タイ当局は女性に対し、5万バーツ(約18万円)を客室乗務員に支払うよう命じた。また、男性と連れの友人2人にも数百円程度の罰金を課した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]