両脚義足の南ア選手が準決勝に進出、五輪陸上400メートル

オスカー・ピストリウス選手

オスカー・ピストリウス選手

(CNN) ロンドン五輪は4日、陸上の男子400メートル予選が行われ、両脚が義足のオスカー・ピストリウス選手(25、南アフリカ)が45秒44の記録で2着に入り、5日の準決勝に進んだ。

この種の障害を持つ選手が五輪に出場するのは初めて。ピストリウス選手は1600メートルリレーにも出場する。

同選手は当初、国際大会の400メートルで五輪参加標準記録Aの突破に2度挑戦したがかなわず、代表選出は困難との見方が強かった。しかし、南アのオリンピック委員会が選考基準を緩和したこともあり、先月初旬に代表入りしていた。

代表に選ばれた後、「大きな名誉。長年の激しい訓練や決意、犠牲が実を結んだ」と喜び、五輪では準備に万全を期し自らの最高記録を更新したいなどとも語っていた。

ヨハネスブルク生まれの同選手は生後11カ月の時、骨の障害を受けて両ひざの下を切断。レースでは特殊なカーボン製の義足を装着して走り、「ブレードランナー」の異名も持つ。

ピストリウス選手はパラリンピックではこれまで金メダル4個に輝いている。韓国・大邱(テグ)で昨年開かれた世界選手権では1600メートルリレーのチーム一員として銀メダルも獲得していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]