無気力試合で失格の中国バド選手、「バドミントンやめる」

失格となった中国の王暁理、于洋組。そのほか韓国、インドネシアの計3組も失格に

失格となった中国の王暁理、于洋組。そのほか韓国、インドネシアの計3組も失格に

(CNN) ロンドン五輪のバドミントン女子ダブルス1次リーグで無気力試合があったとして4組8人の選手が失格となった問題で、失格となった選手の1人、中国の于洋はミニブログで「バドミントンをやめる」と宣言した。

于洋は、失格処分を下した世界バドミントン連盟(BWF)に対し、自分の夢をつぶしたと非難。同選手は「これが私の最後の試合だ。さようなら世界バドミントン連盟、さようならわたしの愛するバドミントン」と投稿した。

于洋は、王暁理とのペアで世界ランク1位の選手。

今回失格となった8選手は、次回以降の試合で強豪チームと当たるのを避ける狙いなどで意図的に負けを狙ったとされ、スポーツ精神に反すると判断されていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]