封鎖された鉱山の町を撮る、S・ローレス氏の作品

報道写真家のセフ・ローレス氏が、鉛と亜鉛の一大産地だったオクラホマ州ピッチャーの現状をカメラに収める/Seph Lawless

報道写真家のセフ・ローレス氏が、鉛と亜鉛の一大産地だったオクラホマ州ピッチャーの現状をカメラに収める/Seph Lawless

かつて鉛と亜鉛の産地として米国最大の規模を誇ったオクラホマ州北東部の町、ピッチャー。鉱床の枯渇と環境汚染で永久に封鎖されたこの町の現在を、報道写真家のセフ・ローレス氏が撮影した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]